人気ブログランキング |

子供のころから 我が家で見てきた 人形屋さんの不思議公開します
by ningyouya90
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2019年 03月 02日

ひな祭り

a0043203_17542018.jpg
明日は楽しいひな祭りですね
今年は3月3日が日曜日という事もあり
この土日は、みなさん楽しいひな祭りをお過ごしのこととでしょう

我が家でも、今夜はひな祭りの予定です
ちらし寿司やはまぐりのお吸い物等々
定番のお料理のあとはケーキも待っているそうです(笑)
なにせ女子会ですから、酒のあてはあまり期待しないように
このあと、参加してきます

# by ningyouya90 | 2019-03-02 18:04 | ひな祭り
2019年 02月 01日

ひな祭りはなぜやるの?

a0043203_09352657.jpg
あとひと月ほどで ひな祭りですね
今回は、なぜ ひな人形を飾るのか?についてです

三月三日のひな祭りや、五月五日の端午の節句には
大きく二つの意味があります

ひとつ目は、お守りの意味です
「うちの子だけは何とか幸せに、災厄のないように」と
この世に生まれてきた赤ちゃんのために
周りの大人のやさしい気持ちから
お人形にその子の幸せを託してお祭りする事


そしてもうひとつが
お節句は「予祝(よしゅく)」であるという事です

いにしえより日本では、将来に起きる楽しい出来事や幸せな様などを想像し
夢や希望を前もって神さまにお願いし実現させるという
未来予想図的なお祝いをしてきました
これを「予祝(よしゅく)」と言います

ひな祭りに飾るおひな様は、美しく華やかに成長した
お嬢様の婚礼の様子がひな飾りです
いわばお嬢さまの幸せの象徴なのです

ママとパパが出会い結婚し幸せになったように
お嬢さまの未来の幸せを実現できるように
「桃の節句」に幸せを願い、毎年 前祝いをすることで
確実に幸せを引き寄せていくお祭りが
ひな祭りの大きな意味になります

本来、ひな祭りというのは
ポジティブに楽しんでこそ意味があります
みなさまも楽しいひな祭りを過ごしていただけますよう
心から応援しております

# by ningyouya90 | 2019-02-01 10:17 | 予祝
2019年 01月 14日

成人式おめでとうございます

a0043203_13305967.jpg
新成人のみなさま、本日はおめでとうございます

ここまで立派に育ててこられたご家族の皆様
本日は誠におめでとうございます

# by ningyouya90 | 2019-01-14 08:00 | 歳時記
2019年 01月 01日

謹賀新年

a0043203_14254242.jpg
明けましておめでとうございます
みなさまのご多幸を心よりお祈り申し上げます

今年は元号も変わります
あらたな時代の幕開けですね

私たちもフレッシュな気持ちで
新しい時代に船出していきましょう

# by ningyouya90 | 2019-01-01 08:00 | 歳時記
2018年 12月 13日

おひな様の作り方 お顔編 その4

新作の衣装にどんなお顔が合うのか?

毎回悩むところです
a0043203_11470272.jpg

でも、お顔次第で、衣装との総合的な印象が良くなって
表情も出来てきますから、楽しみでもあります

まずは上のお人形と同じ、一番人気のお顔からです
a0043203_11490851.jpg
予想通り、なかなか可愛い組み合わせで
必ず人気が出そうな表情になりました!






出来も良いので、これでおしまいにしても良かったのですが
お顔職人さんの今期一押し、新作のお顔を試してみました
a0043203_11553242.jpg
基本的には同じお顔なのですが・・・・
違いがお分かりになりますか?
a0043203_11555520.jpg




そう、お化粧がピンクになのです
目元のや口紅など・・・




薄ピンクの衣装との相性もピッタリ!
先ほどの組み合わせより数段かわいい
「さくら色のおひな様」が出来上がりました
a0043203_12012168.jpg

女性と同じ
お人形も、お化粧で変わるんですね






これで【おひな様の作り方 お顔編】は終了です

次回のシリーズをお楽しみに (笑)

# by ningyouya90 | 2018-12-13 08:00 | ひな人形の作り方
2018年 12月 10日

おひな様の作り方 お顔編 その3

ひな人形は一人の職人さんが
全部作る事は、滅多にありません

ほとんどは分業で作っています
お顔は頭(かしら)やさん、体の部分は胴(どう)やさんが専門で作ります
a0043203_14413003.jpg

お顔の製作はまず良いお顔の原型を作ります
良いお顔の原型ができるとサイズの規格ごとに、大きさ違いで制作していきます
ニワトリのゆで卵から、ウズラのゆで卵くらいの間に6段階くらいです

胴屋さんの仕事の見どころは、衣装選びと造形の美しさです
まずは衣装の生地を選び、衣装を縫い
着せ付けて、振り付けてゆきます

事前の予定通りにお顔と胴を組み合わせていくのですが
サイズ感や衣装の雰囲気で合わない場合があるものです






大人気のこちらのお人形
合せる飾り台をひとまわり小さくする企画の為
お人形もひとまわり小さいものを作っていきます
a0043203_14243951.jpg




ひとまわり小さくした胴に予定していたお顔合わせてみると
なんだかお顔が細長くて違和感があります
良い組み合わせになる予定でしたから
ちょっとがっかりです
a0043203_14253783.jpg




しかたなく、違う種類の丸顔のタイプに変更してみました
お袖の丈(たけ)が短く、真海を帯びた胴のフォルムにもピッタリ
予想しなかった、なかなか良い組み合わせが出来上がりました
a0043203_14412417.jpg




あたらしく出来上がったのおひな様です
元の大き目サイズの子たちより
丸みがあり、たいへん可愛い仕上がりになりました
大満足です!
a0043203_14413594.jpg



まだまだ続きます






# by ningyouya90 | 2018-12-10 08:00 | ひな人形の作り方